受賞

メイクルーム

2015年5月9日(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほかにてロードショー

監督・脚本・編集:森川圭 森田亜紀/栗林里莉 川上菜々美 伊東紅 住吉真理子

心もカラダも“すっぴん”の、ちょっとエッチな天使たち。

イントロダクション

ゆうばり映画祭グランプリの栄冠を掴んだ森川圭監督の傑作が待望の劇場公開!

2010年に舞台として上演され、人気を博したワンシチュエーション・コメディ「メイクルーム」の完全映画化。アダルトビデオ撮影現場のメイクルームで起こるトラブル続きの1日を暖かい視点でユーモラスに描いた本作は、“ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2015”のオフシアター・コンペティション部門においてグランプリを獲得し、イタリアのウディネ・ファーイースト映画祭をはじめとする世界各国の映画祭からオファーが殺到した。監督は50歳にしてゆうばり国際ファンタスティック映画祭の同部門史上最年長での受賞でマスコミからも大注目された森川圭。主人公ヘアメイクの都築恭子役を、主演映画『へんげ』がモントリオール“ファンタジア映画祭”AQCC(ケベック批評家協会)特別賞ほか、数々の賞を受賞した森田亜紀が熱演。また、栗林里莉、川上奈々美、伊東紅といった現役の人気セクシー女優たちが体を張った艶演を果たしたことでも話題となった。

この映画はフィクションです!実在の人物や団体などとは全く関係ありません!!

ストーリー

アダルトビデオの撮影現場でトラブルからたった1人で5人ものAV女優をメイクすることになった都築恭子(森田亜紀)は、ちょっとエッチで一癖ある女優たちや、段取りの悪いスタッフに次々と振り回されていく。背中を埋め尽くすタトゥーで役柄を変更される企画女優のシュガー(住吉真理子)や、売れないと愚痴る早紀。主演の単体女優まさみ(伊東 紅)は彼氏にバレて揉めたと大遅刻して来たのにワガママ放題。一世を風靡して引退したものの、企画単体女優として戻って来たMasako(栗林里莉)は過去を語り出す。しまいには、今日がデビューの松子(川上奈々美)が泣き出して、ただでさえ押していた撮影は中断。果たして無事に撮り終えることができるのか!?

スタッフ&キャスト

森田亜紀
ふりまわされるヘアメイク
森川 圭
監督と脚本と編集
栗林里莉
出戻り女優
川上奈々美
泣き虫新人女優
伊東 紅
ワガママ女優
住吉真理子
刺青女優
大迫可菜実
勘違い女優
酒井健太郎
ウザったい監督
監督絶対照明
蒲 公仁
那波隆史
お持ち帰りマネージャー
佐藤 仁
あやしい男優
重松隆志
熱すぎるカメラマン
柴田明良
元男優マネージャー
松浦康太
無口な音声
田嶋高志
他人任せな助監督
中原和宏
テキトーな社長

劇場情報

地区 劇場名 公開時期
東京 ヒューマントラストシネマ渋谷 5月9日~5月15日
神奈川 小田原コロナシネマワールド 5月9日~5月22日
岐阜 大垣コロナシネマワールド 5月9日~5月22日
愛知 中川コロナシネマワールド 5月9日~5月22日
愛知 半田コロナシネマワールド 5月9日~5月22日
愛知 シネマスコーレ 6月27日~7月3日
京都 立誠シネマ 7月18日~7月31日
大阪 シネ・ヌーヴォ 6月20日~6月26日
大阪 シネ・ヌーヴォX 6月27日~7月10日
福岡 小倉コロナシネマワールド 5月9日~5月22日
2015年5月9日(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほかにてロードショー